夢を買う

歴浅めなりに知識を深めながら追いかけてます

10年分のMV集を見た個人的感想~前編~

こんばんは。毎度お久しぶりですから始まっていますが今回もお久しぶりです。夏休みに入って落ち着いたので少し書こうと思います〜。最近VS嵐7うるじゃんBESTべいじゃんMステ等々盛りだくさんだったけど今回はベストアルバムのビデオクリップ集をようやく見たのでそれについて。

 

ということで、昨日ようやくJUMPのビデオクリップ集を見ました。私がJUMPを好きになったのはここ2、3年だから実は昔のMVはあまりちゃんと見たことがなかったんですけど、JUMPって若いからその年齢での10年という時間ってすごく変化が大きかったのだろうな〜って改めて感じました。30代40代以上の10年とはわけが違う(とか言ったら怒られるかもしれないけど)。WEBのベストアルバム特設サイトのメッセージでもJUMPの変わったところは見た目って回答してるメンバーが多かったけど、実際ルックスはかなり変化してるよなって。

まぁとりあえず最初から順番にMVを見ていって思ったのだけど、UMPドリカムユアシ辺りのMVってゆとやまのセンター交代劇みたいな、そういう印象が強かったんです。なんだけど、見てたら全体的に1番良いポジション(って言い方でいいのかな)だったのって知念ちゃんなのでは?って印象でした。まぁ声が高くてフェイク?が多かったし特にちっこくてきゅるんきゅるんで可愛いしそうなるのは分かる(????)。 とか言うと知念ちゃんがちゃっかりその役回りになったみたいな語弊が生まれてしまうかもしれないけど決してそういうことではなく。まぁとにかく、今と比べたら裕翔くんがややよく映る気はしたし山田くんがやや映らない気はしたけど、私的にはセンターが定まってるって感じはあまりしなかったかなぁと。

それから特に前半を見ていて、やぶひかが "カリスマJr." から "JUMPのお兄ちゃん" になっていく感じがすごく良いな〜って思いました。ご周知の通りやぶひかはJUMPとしてデビューする前はYa-Ya-yahというJr.ユニットでカリスマとして君臨していたわけで、Hey!Say!JUMPとしてデビューしたとはいえすぐには変わらないよねそりゃそうだ、って。でもやっぱり順に見ているとどこからともなく、でもちゃんと "JUMPのお兄ちゃん" になっていってる感じがしたんですよね。実際JUMPの軸を支える上で今も昔もやぶひかの存在は欠かせなかっただろうなぁとしみじみ思いました。という話。

あと、歌詞カードを読み直したときにも思ったんですけど、ありせかの歌詞って何回考えてもハチャメチャなのに曲として違和感なく成立してるの本当に面白いなと。「バイカル湖にスパシーバを散りばめてスパンコールで」ってもう分かるのか分からないのかも分からないよ!MVの世界観も相まって余計分からない!!みたいな。でもハチャメチャな曲ほどツボにハマって気に入っちゃったりすることってありますよね。結局私もありせか好きです。はい。

OVERは曲始まる前にああいうやり取り(?)がある系のMVだって知らなかったんですけど、一緒に見ていた母が「なにこの無線ごっこ☺️」と言った直後、画面に曲名が表示されて「そういう曲名なんかい☺️」と言っていて笑いました(いらん報告)。 個人的にOVERの伊野尾くんすごく好きです。かっこいい。

マジパワからぬるっと(ではない)9人体制になってシングル曲でもJUMPバンド始動ということだけれどまぁ〜〜〜伊野尾くんが映らない。昔は全然映らなかったと自他共に散々言ってるけどこのMVが1番映ってないんじゃないかなと思いました。でもMV自体は可愛いしすごく好きです。

スパデリカモナあたりからは私の記憶がはっきりしてきたからか最近になってきたな〜って感じがしました。当時理想の息子も見てたからよく覚えてるというのもあるかも。 当時は笑って見てたけどそういえばやまちゃん毎週女装させられてましたよね。可愛くないわけがないですよね。

 

ここまでつらつら書いてきましたが、実は私は文章を書くのがめちゃくちゃ遅くて(ちまちま書いてるのもあるけど)、ここまででまだ半分だと思うとあと2日くらいかかりそうなのでとりあえずここで一旦切ります〜。 実はいつも最後まで書ききれなくて挫折して投稿しないみたいなことが多かったので、たまには途中で切ってでもちゃんと残そうと思います(笑) 

 

ということで、とりあえず前編です。読んでくださった皆さんありがとうございました〜〜!