夢を買う

歴浅めなりに知識を深めながら追いかけてます

ありえん沼みが深い

こんにちは。またまた前回に続き私がジャニヲタになり今に至るまでの経緯を書いていきたいと思います。

 

前回、前々回の記事はこちらからどうぞ

http://locomoco.hatenablog.com/entry/2017/03/06/190646

 http://locomoco.hatenablog.com/entry/2017/03/08/200131

 

さて、 前回でTwitterの荒波に揉まれながら少し遅めのジャニヲタデビューをした私ですが、間も無くTwitter内で嵐ファン界隈が落ち着き始めたこともあり、落ち着きます。ぶっちゃけ中身も普段は騒ぐタイプではなく、キャラにもなくギャーギャーすることに疲れてたのでちょうど良かったんですね。(ツイ廃であることは今も変わらないのですが)

そんなこんなで自分なりのヲタ活が確立してきた頃、今や恒例となりつつある「嵐のワクワク学校」に後輩のHey!Say!JUMPが生徒として参加することが決定しました。この辺りから私のジャニヲタ生活が大きく変わります。

皆さん、私がかの"ワクワクマジック"にかかったとお思いになられたでしょうか。

しかし私、このワクワク行ってないんですよね。  実は私がJUMP及び伊野尾くんの魅力を発見したのは、現場でもテレビ番組でもなく、雑誌です。

既にワクワクマジックにかかった一部の嵐ファンは「JUMPちゃん良いじゃん!」となり始めており、FFがほぼ嵐ファンだった私のTwitterのTLにも、嵐だけでなくJUMPの情報がちらほら流れるようになっていました。そんなある日、なんとなく眺めていたTwitterのTLに流れてきた、anan7月1日発売号の画像。ぽってりした唇、妖艶な目つき、綺麗な指先…… 心臓を撃ち抜かれるような感覚に陥りました。一目惚れってこういうことか、と。世間で言う"伊野尾革命"の波にまんまと飲まれたわけです。これが私が伊野尾くんを応援することになるきっかけでした。

しかしこれはあくまでもきっかけ。伊野尾くんに一目惚れしてはしまったが、嵐を応援してるだけでもお金は減る一方なのに掛け持ちなんてできるのか?なんて思ってしまい、本格的に応援するにはまだ踏み切れませんでした。一時の感情に流されて急にあれこれ買うのもどうなんだろうと思って、当時発売間もなかったアルバム「JUMPing CAR」も手を出さずじまい。しかしその後JUMPとV6が24hTVでパーソナリティを務めたり、伊野尾くんのめざまし木曜レギュラーが決定したり、メディア露出は増える一方。(今思えば冠番組チェックし始めてた時点でお察しでしたが) そんな中で伊野尾くんのみならずJUMP全体が気になって気になってしょうがなくなった私は、「次の嵐のFC更新の時期になってもJUMPが好きだったら、FCに入会しよう」と決めました。しかしそれを待つまでも無くツアーのレポをひたすら漁ったり、ラジオを聞き始めたり、10月発売のシングル「キミアトラクション」を買ったり、雑誌を買ってしまったり、コンサートDVDも予約購入してしまったり…その間の期間はFC更新の時期を待つのみ、と言った感じでした。

そんなこんなで嵐の会報と共にお馴染みの青い振込用紙が届く時期に。私は迷わず会報に封入されていた振込用紙、新しい振込用紙、合計9000円を郵便局の窓口へ。こうして私は晴れて掛け持ちジャニヲタデビューを果たしたのでした。改めて振り返るとかなり慎重になってたんですね。

 

さて、ようやく私のヲタク遍歴を書き終えることができました… 本当は自己紹介と個人的に振り返ることを兼ねて軽く書く予定だったのにかなり長くなってしまいました。自己紹介こんなダラダラと書いてる人少ないだろうな〜。 何はともあれ、最後まで読んでくださった方、ありがとうございます。

今後もふらっと投稿することがあると思うので、そのときはまたお付き合い願います。