夢を買う

歴浅めなりに知識を深めながら追いかけてます

今年も24時間テレビが終わった

こんにちは。8月中に課題終わらせてやると意気込んでいた1ヶ月前の私に今年もダメだったよと教えてあげたい。これから真面目にやります(フラグ)。

 

さて、8月末といえば24時間テレビですね。第40回目となる今年の24時間テレビ、メインパーソナリティは櫻井翔くん、小山慶一郎くん、亀梨和也くんの日テレジャニーズキャスター組。マラソンランナーはブルゾンちえみさんでした。とにかく番組に関わった全ての方にまずはお疲れさまでしたと伝えたい。ちなみに亀梨くんは27日深夜のGoing生放送にも普通に出演していて、リハーサルやらなんやら含めて40時間くらい寝ていない、と話していました。仕事だからとはいえなかなかのハードスケジュール。ゆっくり休んでほしいな。

 

毎年恒例の24時間テレビですが、一部ではあまり24時間テレビを良く思わない方もいますよね。感じ方や捉え方は人それぞれだから仕方ないのですが、障がいを持った方のチャレンジを見世物にしている、と感じる方も少なくはないようです。最近では24時間テレビの裏で、NHK24時間テレビ(と明確には言っていないけどそれを思わせる言い方だと思う)を良く思わない障がい者の方が意見を交わす番組を放送したりなんかもしています。

正直私もなんだかんだ24時間テレビ見てはいるけれどお涙頂戴的な企画ってもともとあまり好きではないし、障がい者健常者関係なくチャレンジを見てすごいなぁとは思うけどそれを見て泣いたりはということはあまりありません。

でも、24時間テレビでやっていることって、何らかのペナルティを持った方ということを強調しているからそれが引っかかる方もいるのかもしれないけれど、チャレンジをすること自体は障がい者でも健常者でも同じことだしそれを後押しするのは全然良いんじゃないかな、と思うんです。 私は24時間テレビの裏で放送されたNHKの番組を見ていないのでちゃんと分からないのですが、その番組では「障がい者を頑張らせて楽しいか」というような話があったそうで。正直この見出しを見かけたとき、うーん…?となりました。24時間テレビで何かにチャレンジしている方って、「頑張らされている」のではなくて「自発的に頑張ろうとしている」のだと思うんです。頑張りたい人がいれば頑張りたくない人がいるのは障がい者も健常者も関係無いと思うし、それに良いも悪いもありません。24時間テレビはややペナルティを持っているという部分を強調しすぎなところがあるかもしれないけれど、それに対抗するようなNHKの番組内での意見にもやや偏りがあったんじゃないかとも思います。私はわりとNHKのバラエティ好きなんですけど、他局の番組を煽りにいくような企画はどうなのかな、と少し考えてしまったのでこんな記事を書いてみました。

推しタレントが出てるからやや24時間テレビ贔屓な感じにはなっていますが、要はそんなに批判されるほど悪いもんでもないんじゃないかな〜という話でした!!読んでくださった方ありがとうございました!

ネットやめたいけどやめたくない話

こんにちは。そういえば記事上げようとして心が折れるのって文章の構成が上手くできないのもあるけど(ブログやめろ)まず何よりこの導入文を書くのが苦手だからかなってふと思いました(ブログやめろ)。という導入文。読む気無くさないで!!!!!

 

最近なんとなく「ネットやめたいなー」と思うことがときどきあります。ネットとは言ってもここで私が言いたいのは主にtwitterをはじめとするSNSの話なんですけども。私はここ4、5年でかなりインターネットの世界にのめり込みました。その世界は入れば入るほど広く深くて、正直今の私が形成されたのはインターネットの世界を見るようになってから、と言っても過言ではないくらい。特にtwitterの影響はかなり大きかったです。それまでとは比にならないくらいたくさんの人が各々の意見を交わしていて、私はtwitterを中心に色々な話題についてそれぞれ膨大な数の意見を目にしてきました。でもこれは私に限った話ではなくて、インターネットを利用するほとんどの人に当てはまる話なんですよね。当然です。twitterはユーザーが各々思うことを発信する場であって、またそれを共有する場でもあって、それが政治の話題でも趣味の話題でも学校の話題でもなんでもいい。多くのユーザーはおそらく、多種多様な人々の多種多様な意見を見た上で自分の意見を発信しているんです。そして他の人の意見に賛同したり共感したりしたらリツイートなりふぁぼ(いいね)なりをする。そうして形はどうあれ、あくまで自分自身の考えをフォロワーをはじめtwitter、そしてインターネット全体へ示している、ということになります。

私がここでしばしば感じるのが、あまりに飛び交う意見が多すぎて自分でその話題について考える間も無く他の人の意見が先入し、それを自分の意見だと思い込んでしまうことがある、ということです。おそらくtwitter(に限らずSNS全般や掲示板など)内でしっかり自分の考えを発信できている人はこのようなことは無いのでしょうが、つまりは自分で考えるということが出来なくなってきているという話です。というか、そもそも私自身が今まであまり自分で考えて発信するということが出来ていないんです。小さい頃から親や歳の離れた姉の言うことを耳にしてそれがいつの間にか自分の意見みたいになってしまっている。現在私はジャニヲタですが、考えてみればそれもきっかけは小学生時代の友人の影響でした。学校では「母や姉はこう言ってた」、家では「友だちがこう言ってた」と、周りの人の意見の受け売りを続けてきたようなもんだなーとふと思うんです。もともとそんな感じの人間にとって、ネットを見るようになるというのは"より自分が賛同できる意見"の選択肢が増えるようなものだったんです。原因が全てネットにあるわけではもちろん無いけれど、今までの私自身の生き方(というと大げさだけど)と相まってますます"自分で考える"ということが出来なくなってしまったんじゃないかな、と。

ネットをやめたからと言って周りの意見が完全に遮断できるわけでは無いのですが、明らかに入ってくる量は減るし、おまけに地雷踏むことも減るだろうし(?)…なんていうのもあって、「ネットやめたい」と思ってみたりするんですよね。

 

ここまで読んで、「じゃあやめろよ!!?」と思ってる方、かなり多いと思います。それでも私がネットをやめられない理由は、"情報の多さ"と"情報の早さ"です。情報の多さに関しては遮断したいと言いつつメリットにもしてしまっている点矛盾しているといえばしているのですが、例えば。正直あまりお金持ってない私にとって数ページのために毎月雑誌を買うのってかなり負担だったりするんです。本当は紙面をネットに流すのは良くないんですけど、、見ちゃうんですよね。他にも、翌朝のWSの出演情報だとか、コンサートレポだとか、そういう情報は仕入れたいんです。ネットに生息しているヲタクが優秀すぎて助かりまくっちゃってるんですよね。情報の早さに関しても同じで、例えば公演終了後お知らせがあるぞ!みたいな場合で誰より早く情報を知ることができるのはその現場に入っている人ですが、その現場には少なからず終演後秒単位でその情報をネットに流す人がいるわけです。ネットに情報が出ればその情報が回るのなんて本当に一瞬です。新聞よりテレビより何より、ネットは早い。必要最低限の情報を公式からの発表と同時に知るくらいでちょうどいいかな、と思うことができればいいのですがそうもいかず、結局やっぱり「ネットやめたくない(やめられない?)」に戻ってきてしまうんですよね。今もこうしてブログ書いちゃってますし。

 

まとめると、私にとって「ネットやめるかやめないか」は「自我の確立かヲタ活か」みたいな感じですかね。今の私はヲタ活を選んでしまっていますが。年齢も年齢なのでさすがに自分の考えが無いというのはまずいし、単純にネット中毒って印象あまり良くないし、とりあえずパソコンとかスマホの画面を無意味に眺める時間を減らすことから始めようかな、なんて思ってます。

バリバリ私情の話でしたが読んでくれた皆さんありがとうございましたー!

10年分のMV集を見た個人的感想~後編~

こんにちは。タイトルそのままですがMV集を見た個人的感想の後編です。

前編はこちらからどうぞ↓ http://locomoco.hatenablog.com/entry/2017/07/29/233658

 

 前編はスパデリカモナ辺りまでで切り上げたので一応後半はRWMからになります。RWMは知念ちゃんが珍しくワイルドな髪型をしているのが印象的だなーという感じです。それから、嵐担もしている私はなんとなく世界観が嵐の「Calling」のMVに似ているなぁと感じました。ファンタなんかもそうですけどこういうレーザー飛び交ってる系の演出いいですよねー。

あいありのMVは…もうなんかすごく好きです(典型的語彙力の欠如)。あいあり自体は私がJUMPのダンスの魅力に気付いた曲でもあったんですけど、リリース当時は音楽番組で見て大所帯なのにダンス揃ってるなぁと思うくらいでMV見るまではしなかったんですね。実際あいありのMVを初めて見たのはここ1年くらいなのですが、壮大なメロディの中でバラを持つ9人、そしてオーケストラを背に踊る9人がまぁ美しくて衝撃を受けました。夏休み中にダークシステム見ようと思います(いらん報告2)。

ウィークエンダーウィークエンダーは金田一neoを見ていたおかげで実はJUMP担になる前から好きだった曲です。JUMPのMVを自ら調べて見たのもこのときが初めてでした。現在は伊野尾担ですが当時は金田一の佐木くんがめちゃくちゃ好きで、あのときJUMP担になってたら今頃は有岡担だったかも、とかたまに思います。まぁそういう諸々の思い出込みでウィークエンダーのMVを見てると今でもすごくワクワクしますねー。

明日エルは大サビで伊野尾くんが振り間違えてるとこでフフッてなります。普通MVって間違ったら撮り直して完璧な状態で私たちに供給されるからこういうのも貴重でいいですよね(モンペ並感)。

Chau#とキミアトは可愛いの暴力ですねーー。私が伊野尾くんを好きになったときの最新シングルがChau#だったのでアホみたいにMV見たんですけど、何回見ても可愛い。ポップでハッピーなChau#で沼に引きずり込んだ新規をキミアトの「君がNo.1」でボコボコとヲタクに精製していくJUMPちゃん末恐ろしすぎますね…。それから、キミアトは初回1と2でそれぞれ違うMVが付いていたんでしたよね。キミアトはシングル買ったはずなのにMV見覚えないなと思ったら私は初回2しか買わなかったから初回1のMV見てなかったんです。でもこのMV集には初回2ver.のMVは収録されてないしある意味得したような気分にもなりました(貧乏性)。

真剣SUNSHINEからはシングルを初回両盤買うようになりました。チョロいですね。真剣サンのMVを改めて見て思ったのは、冒頭の伊野尾くんの主人公感。正直リリース時に見たときにはそういう印象は無かったんですが、改めて見たら歌い出しが伊野尾くんということもあって、曲自体がわりと伊野尾くん主体になってるよなーって思いました。革命恐るべし。

ファンタも間奏~2番冒頭の伊野尾くんが印象的。ダンスはあまり得意ではないと話す伊野尾くんが、間奏と言えど、2番と言えど、ダンス曲で中心で踊ってるのがめちゃくちゃカッコいい。この1年ほどはChau#キミアトのような可愛い推しの曲と真剣サンのようなお祭り系の曲が続いたので、テレビ出演でなんとなく知ってなんとなく追ってた方からしたら最早カルチャーショックですよね。可愛いと思ってたあの子、めっちゃカッコいいやんけ!みたいな。ギャップという概念の利用法が巧妙すぎる…。

ギミラはやまちねゆとの電話シンクロシーン(?)が好きです。仕事帰りの山田さんと裕翔くん、お掃除中の知念ちゃん(可愛い)が別々の暮らしをしつつ同じ時の流れの中で生きている感じがいいですよね。公園組オフィス組も含めみんなどこか孤独で悩んでいるという雰囲気が「カインとアベル」に合ってるなぁとしみじみ思いました。

ついにMV集ラスト。OTTです。飾りのないシンプルな黒衣装で踊るJUMPがやっぱりカッコいい。10周年イヤーのスタートを飾る楽曲として最高だったのではないかなと思います。OTTは最初から最後まで本当にカッコよくて大好きなんですけど、特にCメロのいのありがやまちゃんをクルッと回すような振りがいいですよねー。俺たちのエースだぞ!!って感じしません…?私はします(いらん報告3)。 

ちなみにMV集に収録されていませんが、私はOTTカップリング「Funky Time」のMVもめちゃくちゃ好きなんですよね。長くなるので書きませんがとにかくとても良いのでどこかで見てみてください。

 

かいつまんで書いていこうと思ってたのにほぼほぼ全てのMVについて書いてしまったので逆に飛ばした数曲に申し訳ない感じはしますがとにかくこれで終了となります〜。前編から引き続き読んでくださった皆さんも後編だけしか読んでないって方も長々とお付き合いありがとうございました! 前編から2、3日以内に更新するのが目標だったのに結局遅くなってしまって少し反省してます。次こそは!!(フラグ)

10年分のMV集を見た個人的感想~前編~

こんばんは。毎度お久しぶりですから始まっていますが今回もお久しぶりです。夏休みに入って落ち着いたので少し書こうと思います〜。最近VS嵐7うるじゃんBESTべいじゃんMステ等々盛りだくさんだったけど今回はベストアルバムのビデオクリップ集をようやく見たのでそれについて。

 

ということで、昨日ようやくJUMPのビデオクリップ集を見ました。私がJUMPを好きになったのはここ2、3年だから実は昔のMVはあまりちゃんと見たことがなかったんですけど、JUMPって若いからその年齢での10年という時間ってすごく変化が大きかったのだろうな〜って改めて感じました。30代40代以上の10年とはわけが違う(とか言ったら怒られるかもしれないけど)。WEBのベストアルバム特設サイトのメッセージでもJUMPの変わったところは見た目って回答してるメンバーが多かったけど、実際ルックスはかなり変化してるよなって。

まぁとりあえず最初から順番にMVを見ていって思ったのだけど、UMPドリカムユアシ辺りのMVってゆとやまのセンター交代劇みたいな、そういう印象が強かったんです。なんだけど、見てたら全体的に1番良いポジション(って言い方でいいのかな)だったのって知念ちゃんなのでは?って印象でした。まぁ声が高くてフェイク?が多かったし特にちっこくてきゅるんきゅるんで可愛いしそうなるのは分かる(????)。 とか言うと知念ちゃんがちゃっかりその役回りになったみたいな語弊が生まれてしまうかもしれないけど決してそういうことではなく。まぁとにかく、今と比べたら裕翔くんがややよく映る気はしたし山田くんがやや映らない気はしたけど、私的にはセンターが定まってるって感じはあまりしなかったかなぁと。

それから特に前半を見ていて、やぶひかが "カリスマJr." から "JUMPのお兄ちゃん" になっていく感じがすごく良いな〜って思いました。ご周知の通りやぶひかはJUMPとしてデビューする前はYa-Ya-yahというJr.ユニットでカリスマとして君臨していたわけで、Hey!Say!JUMPとしてデビューしたとはいえすぐには変わらないよねそりゃそうだ、って。でもやっぱり順に見ているとどこからともなく、でもちゃんと "JUMPのお兄ちゃん" になっていってる感じがしたんですよね。実際JUMPの軸を支える上で今も昔もやぶひかの存在は欠かせなかっただろうなぁとしみじみ思いました。という話。

あと、歌詞カードを読み直したときにも思ったんですけど、ありせかの歌詞って何回考えてもハチャメチャなのに曲として違和感なく成立してるの本当に面白いなと。「バイカル湖にスパシーバを散りばめてスパンコールで」ってもう分かるのか分からないのかも分からないよ!MVの世界観も相まって余計分からない!!みたいな。でもハチャメチャな曲ほどツボにハマって気に入っちゃったりすることってありますよね。結局私もありせか好きです。はい。

OVERは曲始まる前にああいうやり取り(?)がある系のMVだって知らなかったんですけど、一緒に見ていた母が「なにこの無線ごっこ☺️」と言った直後、画面に曲名が表示されて「そういう曲名なんかい☺️」と言っていて笑いました(いらん報告)。 個人的にOVERの伊野尾くんすごく好きです。かっこいい。

マジパワからぬるっと(ではない)9人体制になってシングル曲でもJUMPバンド始動ということだけれどまぁ〜〜〜伊野尾くんが映らない。昔は全然映らなかったと自他共に散々言ってるけどこのMVが1番映ってないんじゃないかなと思いました。でもMV自体は可愛いしすごく好きです。

スパデリカモナあたりからは私の記憶がはっきりしてきたからか最近になってきたな〜って感じがしました。当時理想の息子も見てたからよく覚えてるというのもあるかも。 当時は笑って見てたけどそういえばやまちゃん毎週女装させられてましたよね。可愛くないわけがないですよね。

 

ここまでつらつら書いてきましたが、実は私は文章を書くのがめちゃくちゃ遅くて(ちまちま書いてるのもあるけど)、ここまででまだ半分だと思うとあと2日くらいかかりそうなのでとりあえずここで一旦切ります〜。 実はいつも最後まで書ききれなくて挫折して投稿しないみたいなことが多かったので、たまには途中で切ってでもちゃんと残そうと思います(笑) 

 

ということで、とりあえず前編です。読んでくださった皆さんありがとうございました〜〜!

もうすぐ自担が銀幕デビュー

こんにちは。前回もお久しぶりだった気がするけどまたまたお久しぶりです。新年度でバタバタしてたらいつの間にかGWも終わっちゃいましたね〜早いですね〜〜。

 

そう、もう5月も半ばです。まだまだ先だと思ってた、映画「ピーチガール」の公開までちょうどあと1週間。

なんだかこう…まぁ新規の私が言うのはアレかもしれないですけど、自担の銀幕デビューの日が迫ってくる感覚って…ヤバいですね(語彙力ランクF-) 

なんていうか、公開に向けてのイベントとか、駅構内の大きい広告とか、テレビでの番宣やCMとか、そういうのが始まるのを見てるとワクワクすると同時にソワソワするというか、妙に緊張するというか…。 

まぁそのソワソワの原因というのは普段この手の映画観に行かない人間だからとかしかも自担の初キスシーンだとかいう私情もあるんだろうけど、それだけでもないような気もしている。映画が公開されるということ自体にソワソワしてる気がしてるんです。

もちろん映画の出来に期待してないわけでは決してないし、絶対素敵な作品になってるんだろうなぁとは思ってるんだけれど、こう…やっぱり1つの作品として世に出れば様々な評価を受けざるを得ないわけで。周りの意見なんて気にせず自分が良いと思えばそれで良い、で済めばいいのですが、そう簡単にもいかなくなる。まぁつまり、かわいいかわいい自担が主演として先頭に立つことで(W主演だから美月ちゃんと2人でだけど)そうやって色んな評価にさらされるようになるのが怖いのかもしれません。そんなモンペです。

 

とはいえ、やっぱり応援している人がどんどんテレビや映画等々に出演してどんどん活躍できているというのはファンとして何より嬉しいことだと思うんです。もちろん、まずは何より伊野尾くんをはじめ映画の製作に関わった全ての人が「この映画に携われて良かったな」と心から思える作品になってほしいけれど、やるからにはその作品が内輪だけでなく広く広く愛される作品になると良いなぁ、と思います。

 

最後に記事を読んでくださっているのがJUMP担の方だけとも限らないので、いちファンの立場ではありますがステマします。

 

5月20日(土)公開、映画ピーチガール大人も子どももみんな劇場に観に行こうな〜〜!!!!!!!

 

今更「FunkyTime」の世界に浸る

こんにちは。なんだか久しぶりの更新になってしまいました。

まず、もう過ぎてしまいましたが

髙木さんお誕生日おめでとうございました〜!

伊野尾くんがどんなお誕生日メール送ったのか次回のらじらーまで熟考を重ねたいと思っています。いのたか厨のみんな〜!!1週間頑張って生きるぞ〜!!!

 

さて、本題に入ります。ちょっと久々に「FunkyTime」のMVとメイキングを見たらやっぱり好きすぎてたまらんので少し書きたいと思います。

まずFunkyTimeのMVってなんかこう…異世界を垣間見てるような気分になりますよね。ちなみにここで言いたい私の異世界は、ファンタジーな不思議空間というよりは並行世界というイメージ。私たちが住む世界とは別の世界線で、並行して時間が進んでいるみたいな。そんな感じしません?私はします。厨二病じゃないよ!!?

撮影地となったひめはるの里(Twitter調べ)の雰囲気も、晴れ渡ってはいない少し曇った空も、澄み渡った空気感も、ド平和天使グループHey!Say!JUMPちゃん、そしてFunkyTimeという楽曲と相まってなんとも言えない異空間みを創り出しているなぁと感じます。多分私みたいなのがひめはるの里に行ったらあの空気を感じられるかというとそういうことではないと思うんですよね。全ての条件あってこそのあのFunkyTimeの空気感。良いですね〜〜。

そしてこの現実であるようで現実離れした世界の中でキラキラと遊びまわるJUMPちゃんがとても、とてもかわいい。平和な世界。住みたい。

まずあの真っ赤なダブルデッカー、素敵ですよね。光くんパパすごいなー(棒) あの中でのリップシーンすごく好きです。1人が真ん中で歌ってる後ろでみんなが自由にキャピキャピ遊びながら歌ってる1人にちょっかい出しに行ったり、キャッチボールしてたり、マネキンチャレンジしてみたり。はたまた走るバスの中、みんなでお行儀良く座ってるリップシーンで楽しそうに笑ってるいのありちゃんだったり。平和かよ。Hey!Wa!JUMPかよ。

続いて、バスを降りて広場で自由気ままに各々好きな遊具で遊んでるシーン。伊野尾くんの持つタンバリンを的にバンバン矢を撃つありゆとだったり、かと思えば釣りのおじさんごっこ始めるありひかだったり、絶望的にオセロが弱い山田さんとオセロの攻め方を山田さんに教えながらも圧勝しちゃうけいとりんだったり。キックボードで遊ぶちねたんとそれを後ろから見守る髙木さんや、小川のコケを棒でつついて遊ぶやぶゆとなどなど。挙げればキリがないくらい微笑ましく遊ぶJUMPちゃんに皆さん( ◜◡◝ )←こんな顔になってしまったことでしょう。成人男性9人すごい。

それから、懐古厨と古株にはたまらなかったであろうJr.時代トーク!(新規の顔) シェルター見つけてShelter踊り出した薮くんに金一封。IkujinashiとかもうYa-Ya-yah担が倒れていく音が聞こえました。ちなみに個人的にあの流れで1番ツボだったのは"ラビットステップしながら大ちゃん"のくだりでボソッとちねたんが言った「ラビット大ちゃん」でした。

あと私が好きなのはダブルデッカーの前での9人のリップシーン前、

( ´(エ)`)寒くないですか?('A`)よかったら僕の上着着てください(*`Å´ )っカイロ!('A`)よかったら僕の上着着てください!(2回目) 

このコンボです。ヲタクみーんな薄着になっちゃう。

ドローンvs人間も好きです。4つの羽を無視して真ん中掴んでドーン!な光くんと、いつのまにか自分がドローンになって呆気なく光くんに斬られるゆうとりん(とそれをぽーっと見てる伊野尾くん)

まだまだ引っ張り出したいところはあるのですがそろそろ長くなってきたので切り上げます。このMVとメイキングを見ながら美味しいお酒を呑むのを楽しみに、未成年頑張りたいと思いま〜〜す!終わり方が雑なのはご愛嬌で!(ハ?)

 

ジャニWEBに登録した旨

こんにちは。

私、やっとジャニーズWEBに登録しましたー!!

スマホを手にしてからずっと登録したいとは思っていたのですが、月額324円ということで親にお許しをもらえるか微妙だなぁと思ってたんです。(というかスマホ買って間もない頃に親に直談判したら許可降りなかったような。)

ところが先ほど親に話してみたらあっさり許可が降りました。拍子抜けです。

まぁ何はともあれ、許可が降りたので早速ジャニweb登録してきました!わーい!

しかしお気に入りアーティストの選択が掛け持ちには優しくない…JFCのお気に入りタレント欄にはメンバー全員という選択肢が増えているのに……。

迷った末、とりあえず嵐を選択しました。後からでも変更できそうなのでときどき変更してみようかなと思います。

そしてなにより楽しみにしていた各メンバーの連載も、嵐さんの方はバーッとまとめ読みしてきました。じゃんぺはそれなりに数があるのでとりあえず最新のゆやぺだけ読みました。イベント盛りだくさんの4月を待ちつつ、ちまちま読もうと思います。

嵐さんもシングル発売が決まり、JUMPちゃんもDEAR.のDVD発売がようやく決定し、ジャニーズ大運動会も決定し、2017年度が動きだした感ありますね〜!!新生活が不安な中身はこれを楽しみに強く生きます!!!